ティアラクリニック ブログ

ティアラクリニックから美容に関する話題などをお届けします

*

【施術】脂肪吸引で理想のボディーラインを手に入れよう!!!

       ティアラクリニック池袋院長

topic29_1『冬太り』という言葉があるように、毎年この季節に太ってしまう方は多いのではないでしょうか?

年末年始は高カロリーな食事にお酒を飲む機会も増え、その上、寒さから運動不足になりがちで『冬太り』を加速させてしまいます。

食べた分、消費カロリーもアップしないといけない…分かっていても、なかなかできないですよねー

そんな時にオススメしたいのが脂肪吸引なんです!!!!

脂肪吸引は露出が下がる今の季節だからこそ、来年の夏に向けて十分な余裕をもって手術計画が立てられるのです。

 

なぜ脂肪吸引がオススメなの?

皆さん脂肪吸引のイメージはどんな感じですか?

「痛そう」「術後が大変」「怖そう」といった意見はよく耳にします。

確かに脂肪溶解注射に比べるて術後の経過に注意とケアが必要になりますが

効果に関しては脂肪吸引確実に脂肪を減らすことができる圧倒的なメリットがあります

 

脂肪吸引とは、確実に脂肪細胞を取り除く事ができる治療です

カロリーを多く摂取すると思春期までは脂肪細胞』の『数』が増えることで太ります。

しかし思春期を過ぎると、数ではなく脂肪細胞』が『大きく』なることで太ります。

topic29_2

脂肪吸引では、ダイエットでは落とすことのできない『脂肪細胞』自体を吸引するため太りにくい体を手に入れることができるのです。

『脂肪細胞』そのものの数を減らすためリバウンドもしにくくなります。

(…しかし過剰なカロリー摂取によっては、リバウンドする場合もあります)

では実際に、脂肪吸引とはどの様に行われ、どの様な経過をたどるのか説明したいと思います。

 

脂肪吸引完了までの流れ

カウンセリングにてご希望の部位が脂肪吸引可能かを判断し、可能であれば手術プランを立てます。

脂肪吸引する日を決め、手術前日0時までに飲食を済ませていただきます。

※早めに来ていただいた方が術後の経過をシッカリ診ることができので、手術日の開院時間に来院いただくのが望ましいです。

手術当日、手術後しばらく状態の経過を診ます。

 

具体的な手術内容について

  • 背中より麻酔を注入し手術部位の痛みをなくします。その後、手術部位に脂肪吸引の器具が挿入できるように、メスで小さく切開を加えます。topic29_3
  • 次に脂肪組織内へ生理食塩水と局所麻酔と止血剤を混ぜた液体を注入します。この方法は脂肪組織を膨らませてから脂肪吸引を行う”チューメセント法”と呼ばれ、この方法によって出血量が少なくできるようになりました。

 

  • 脂肪吸引を行う際の器具ですが、当院では2つの器具を使用します。

topic29_6一つ目は、大きな注射器(シリンジ)

 

topic29_5二つ目は一定の陰圧で吸引する器具

上記二つの器具を使用して脂肪吸引を行います。

 

  • 脂肪吸引『脂肪細胞』を吸い取ることで脂肪組織内に穴をあけていく感じをイメージしてください。

topic29_4

  • 必要量を脂肪吸引し、メスであけた穴を縫合します。
  • 術後すぐに脂肪吸引した部位を圧迫します。

 

術後について

  • 脂肪吸引後しばらくはクリニック内で安静にしていただき経過を診ます。その後、経過に問題がなければご帰宅していただきます。
  • 術後は脂肪細胞を吸い取ったことで脂肪組織内に穴がある状態になっています。穴をあけられた組織はダメージを受けているため、炎症性細胞や水分が集まろうとします。これが浮腫(むくみ)を発生させることになるので、患部を圧迫することで浮腫を低減させます。圧迫は組織内で止血の役割もあるので、シッカリと十分な圧迫をしていきます。topic29_7
  • 帰宅後も可能な限り安静にしていただき、疼痛があれば内服の痛み止めでコントロールしてもらいます。
  • 圧迫は翌日に外して下さい。ガーゼは組織内に注入した液体と組織液と軽度の出血でピンク色になっていることでしょう。
  • 入浴は禁止です。1週間はシャワー浴をしていただきます。シャワー後はシッカリ消毒し、再び圧迫していただきます。シッカリと24時間圧迫をしてもらいます。圧迫の方法はご指導いたします。
  • 運動は控えてもらい。可能であれは3、4日間は安静していただいた方がよいと思います。デスクワークなら次の日から業務を行う方もいます。
  • 抜糸は1週間後抜糸後は入浴可能となり12時間圧迫をしてください。術後の結果の差がは圧迫で決まります!
  • 抜糸時に医師が運動の可否などを判断します。
  • 内出血の色は 褐色→赤→緑→黄と変化していきます。
  • 脂肪吸引によって組織がダメージを受けたことで、早い人では1か月後くらいから組織が縮まり一時的に固くなります。その後、半年から1年をかけて徐々に柔らかくなっていくでしょう。

 

脂肪吸引で大事なのは『医師の技術』『術後の患者様の圧迫』です!

 

いかがでしたでしょうか?今のうちに脂肪吸引をしておけば、夏にはメリハリボディーGET!ですよー

→→ティアラクリニックの脂肪吸引についてはコチラ

 


 

ティアラクリニックでは、無料カウンセリングを行っています。

ご興味のある方は、カウンセリングだけでもお気軽にどうぞ。

➿0120-72-6655

→→脂肪吸引はティアラクリニックへ


 

 - 施術について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

topic18_1
【施術】目の下たるみ取り [その1]切らずに目の下のたるみを取る

最近、急に老けた気がするな… すごく疲れた顔をしているな… などと感じたことはあ …

topics_img19_2
【施術】目の下たるみ取り [その2]切る目の下のたるみ取り

前回に引き続き、今回は 進行してしまった「目の下のたるみ」についてです。 進行し …

topics_img26
【施術】目元を可愛くする「涙袋」の作り方

みなさん、可愛い読者モデルや芸能人の目元を見てください。 「涙袋」が盛り上がって …

topics_img17
【施術】ヒップアップ(豊尻)手術について

最近のボディーメイクの主流として 「出るところを出して、凹ませるところは凹ませた …

topics_img14
【施術】タトゥー刺青除去について

ファッションとしてタトゥー刺青を入れる若者が増えてきているのに対し 公衆浴場、プ …

topics_img22
【施術】目の上の皮膚のタルミにお悩みの方へ

「年齢と共に皮膚がたるんできた…」 地球上に重力が存在するかぎり、年齢と共に皮膚 …

topics_img33
【施術】たるみ取り治療『フェイスリフト』について

女性にとって永遠のテーマ『たるみ』 鏡をみて「こうだったらな~」と頬を引っ張った …